NEWS

実験落語neo〜左談次師匠、可朝師匠の訃報に寄せて〜

「実験落語neo」は、かつて渋谷ジァンジァンという文化発信基地で

三遊亭円丈師匠を中心に開催されていました「実験落語」を復活させた、新作落語の会です。

会がスタートした2016年以来、たくさんの噺家さんにご出演いただきました。

その中で、今年惜しまれながらこの世を去られた、立川左談次師匠と月亭可朝師匠のことに

少し触れさせていただきたいと思います。

 

左談次師匠には、2017年2月の第4回目にご出演頂きました。

1970年代の元祖「実験落語」のメンバーでもいらっしゃいます。

ご出演時は闘病中でいらっしゃいましたが、

「癌病棟の人々」という赤裸々な新作落語を披露してくださった上に、トークコーナーにもご参加頂き、

「なんでこんなことやらなきゃいけないんだよ」とおっしゃりつつ、

アイウエオ作文で他の師匠のボケにつっこんだりズッコケたりしながら、

会場を温めてくださいました。

劇場を一足先に出られるときに、円丈師匠に「アニさん、お先に失礼します」と一言残し、

去って行かれる後ろ姿がシャンとされていたことを思い出します。

 

月亭可朝師匠には、2017年11月の第8回目にご出演頂きました。

折も折、可朝師匠の「嘆きのボイン」のCDが発売されたばかりでもあり、

ギター漫談をお願いしていました。

公演当日、可朝師匠はある女性と一緒に、劇場にいらっしゃいました。

お一人で、初めてCBGKシブゲキ!!にいらした可朝師匠が、

渋谷駅前で「タクシーに乗ったほうがいいのかな?」と迷っていると、

見ず知らずの女性が「その距離は乗らずに歩いたほうがいい」と、

ご案内してくださったとのこと。

師匠は繰り返し「東京の人は親切や」とおっしゃっていました。

高座では、大ヒットしたナンバー「嘆きのボイン」「出てきた男」などを披露してくださいました。

漫談の途中にフラッとなさり、その後は高座に腰を下ろして続けてくださいましたが、

その最後に「また元気になって帰ってきます」とおっしゃられて舞台を下りられました。

その“また”の機会は、惜しいことに訪れないままになってしまいました。

 

実験落語neoも次回で10回目です。11回目も企画中です。

師匠方の訃報に打ちひしがれつつ、1回1回を大切に開催していこうと考えています。

劇場は、あらゆる出会いの場所です。人に出会い、文化に出会う。

もし、ちょっとでも気が向いたら、ぜひ劇場に足をお運びください。

そこで観たもの、聴いたもの、感じたことが、皆様にとって人生の糧となるように、

我々も尽力する所存です。

何よりもそれが師匠方のご供養になると思っています。

最後になりましたが、左談次師匠、可朝師匠のご冥福を心よりお祈りいたします。

  • 2018.04.13 Friday
  • 21:31

実験落語neo〜シブヤ炎上2017晩秋〜レポート

11月24日、秋も深まったプレミアムフライデー、

『実験落語neo』も8回目。

新作落語のレジェンド、三遊亭円丈師匠の「実験落語neo、は〜じま〜るよ〜」という発声で開幕しました。


トップバッターは、桂宮治さん。

開口一番、「新作落語の会だと思わなかった!」と愛嬌たっぷり。

古典落語の名手が披露したのは、自作の創作落語『母さんのお弁当』。

お弁当のおかずを題材に、生徒と先生の会話を中心に話が進んでいき、見事にサゲが決まった。

客席の熱気に包まれ、高座を下りた宮治さん。

そのチャーミングさを堪能できる高座だった。

 

二番手は、三遊亭天どん師匠。

『ひと夏の経験』という、夏休み明けの学校で繰り広げられる一幕を描いたネタを披露。

夏休みを越えて、大人びていく女子生徒を「消しゴム取って」「イレイサー」のセリフのみで語る。

色気たっぷりの花魁になる場面では、高座から下りてセクシーポーズを最前列のお客様の目の前で決めた。

芯のあるよく通る声を劇場全体に響かせ、爆笑の渦に巻き込んだ。

 

前半戦の最後を飾るのは、林家木久扇師匠。

木久扇師匠の師匠を語る『彦六伝』から始まり、

談志師匠の選挙活動を描いた『明るい選挙』まで。

師匠が語る、実際に起こった出来事の一場面一場面、

子細に渡る描写、語り口に、情景が目に浮かぶようだった。

木久扇師匠の語りが会場全体を柔らかい雰囲気で包んでいた。

 

仲入りをはさみ、月亭可朝師匠が登場。ギター漫談がスタート。

ギターをつまびきながら、近頃の風潮を嘆き節で語る。

一世風靡した『嘆きのボイン』を「ご挨拶代わりに」と披露。

ヒットした当時と同じ艶のある声。

続々と痴漢が登場する歌『出てきた男』は、自然の摂理を語っているような哀愁を感じる。

間や空気が全て可朝色に染まっていた。

 

実験落語neo、トリは三遊亭円丈師匠。

釈台に台本を置くスタイルのリーディング落語はもはや専売特許となりつつある。

扇子を多めに『タイタニック』を披露。

『ランボー怒りの脱出』に続く、ムービー落語である。

消えオチをすると公言していた師匠。

ロビーでウエルカム落語を披露していたお弟子さんの三遊亭はらしょうさんが、

座布団を高座にどんどん投げ込む。

高座の上に座布団が山積みになり、円丈師匠の姿が消えていく。

台本と共に…。

座布団を波に例えて消えていくという、新作落語ならではの消えオチ。

座布団の下の台本を探す姿もウケに変える円丈師匠。

もはや恐いものなしです。

 

今回は、いつもは年長の円丈師匠が、なんと三番目に若手という、

渋谷ではなかなか見られない顔並びでした。

熱気に溢れ、自ずと活力がみなぎる会になりました。

そして時間を忘れて打ちあがりました。

ロビーの顔はめパネルは楽しんでいただけましたでしょうか。

くり抜いたところにご本人が入るという、レアなショットです!

 

最後になりましたが、お越し下さった皆様、ありがとうございました。

次回は、来年2月の予定です。

ご期待ください!

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 23:41

夏のキャンペーン実施決定!

CBGKシブゲキ!!では、迫る公演3作品を全てのチケットをご購入下さった方に、

もれなく!シブゲキプレミアムグッズをプレセントいたします!

レアもののTシャツが当たるチャンスです!!

[対象公演]

『キング・オブ・スタンダップコメディ〜サマーフェスティバル2017@CBGKシブゲキ!!〜 』

『なつのおわりのゾンビフェス!』

『実験落語neo〜シブヤ炎上しまくり〜』

 

対象公演のチケットを全て、実験落語neoの受付にお持ちいただき、

くじを引いていただきます。はずれナシです!

 

公演詳細はそれぞれをクリック!

『キング・オブ・スタンダップコメディ〜サマーフェスティバル2017@CBGKシブゲキ!!〜 』

『なつのおわりのゾンビフェス!』

『実験落語neo〜シブヤ炎上しまくり〜』

 

 

  • 2017.08.18 Friday
  • 15:36

実験週間2017 企画募集!

2017年4月、CBGKシブゲキ!! は、実験週間を開催します。

 

昨年から始まったこのプロジェクト。

前回は、魚劇、舞台&客席逆転芝居、韓国ミュージカルイベント、

ロビーでのミッドナイト興行、ワークショップなどなど、盛りだくさんの内容でした。

今年も昨年同様、方針はas you like、お気に召すまま。

ロビーだけ使いたい。1時間だけ使いたい。

どんなご要望にも、できるだけお応えします。

この機会にお気軽にご応募ください。

実験的な、挑戦的な企画、お待ちしております。

 

○シブゲキ実験週間 募集要項

 

【開催日程】 2017年4月24日(月)〜30日(日)

 

【使用条件】 使用料金は実験価格。企画内容に応じます。       

 

【応募方法】 企画概要、希望日時(第3希望まで)、ご連絡先を明記の上、

      メールもしくは郵送でお送りください。

      ※フォーマットは問いません。

 

【 宛 先 】 メール: info@cbgk.jp

      郵送 : 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム7F

                 CBGKシブゲキ!!劇場事務所

 

【応募締切】 2016年2月15日(水)

      ※応募特典としてもれなく次回ご使用いただける割引クーポン進呈いたします。

 

【結果発表】 2017年2月末日までに、ご応募いただいた皆様に随時、ご連絡いたします。

 

【お問合せ】 メール:info@cbgk.jp  電話:03-6415-3363

  • 2017.01.21 Saturday
  • 12:00

実験落語neo〜シブヤ炎上またもや〜無事閉幕

10月4日。いわし雲が浮かぶ秋の空の下、『実験落語neo』第三弾が開幕しました。

 

トップバッターは、夢月亭清麿師匠。

ジァンジァンでの『実験落語』のお話、当時の渋谷の街の様子をマクラに、

『東急駅長会議』を披露。

駅長たちの主張を聞くと、祐天寺を学芸大学をその他の沿線の街を訪れてみたくなる。

情緒にあふれ、渋谷の街で聴く醍醐味を感じました。

 

 

二番手は、石田明さん。

漫才師でありながら、創作落語のネタを持つという多才な石田さん。

いつもの白い衣装で颯爽と登場。

勘違いでパニックに陥る『うつちがい』を披露。

軽やかに恐怖を演じる姿は、さすが。

 

 

三番手は、85歳のシルバースター、川柳川柳師匠。

三遊亭円丈師匠の兄弟子でもあります。

今回は『大ガーコン』を披露。

潤いのある喉で軍歌を歌いきり、初見で戸惑っているお客様も多い中、

「拍手しなさいよ」と語りかける。

さすがの貫禄です。

客席が川柳色に染まる、そんな高座でした。

 

お仲入り後は、立川談笑師匠が登場。

ネタは『猿の夢』。

SFの世界観を感じつつ、不条理と、ホラーまで感じる多彩なおはなし。

お客様が前のめりに引き込まれていくのを感じました。

 

トリは、三遊亭円丈師匠。

ネタは、『遥かなるたぬきうどん』。

「カンペなんてせこいことは止めた!台本を読む!」と言い切る師匠。

台本があってもなくても、目をつむって師匠の声を聴くだけで、マッターホルンが浮かんでくる。

うどんの湯気まで見える。

さすが新作落語の巨人です。

第一弾は『悲しみは埼玉に向けて』

第二弾は『ランボー 怒りの脱出』

第三弾は『遥かなるたぬきうどん』

さて、第四弾は!?

来年2月開催をお楽しみに!

 

ラストのカーテンコールでの『炎上トーク』は、

MCの三遊亭はらしょうさんが師匠方に突っ込みつつ進む中、

最後の最後で川柳師匠が持っていく。

そんな波乱含みの『実験落語neo〜シブヤ炎上またもや〜』でした。

 

最後に、ロビーで大作のポスターを前に記念撮影。

左から、立川談笑師匠、川柳川柳師匠、夢月亭清麿師匠、三遊亭円丈師匠、石田明さん、三遊亭はらしょうさん。

皆様、お疲れ様でした。

  • 2016.10.06 Thursday
  • 22:03

| 1/3PAGES | >>

Recent News

Archive

News Search

Twitter