NEWS

実験落語neo〜シブヤ炎上ふたたび〜

2016年6月9日、『実験落語neo』が生まれました。
お越しいただいた方、ありがとうございました。
もしいらっしゃれていない方、今後のご来場をお待ちしております。
簡単にレポートをアップさせていただきます。

実験落語とは、70〜80年代に渋谷の文化発信地であったジァンジァンで、
三遊亭円丈を中心に、定期的に開催されていた創作落語の会。
時を経て、CBGKシブゲキ‼で新しく生まれました。
その名も『実験落語neo』。
当日のプログラムはこんな感じでした。

清水宏『アングラ落語』
客席から登場、トレードマークのオレンジジャージに身を包み、
尋常ではない汗の量と熱量で、客席を巻き込んだ!

ダンカン『フライデー襲撃事件〜30年目の真実〜』
新ネタで登場。今だから話せることを訥々とした語り口で披露。
かつて立川談志さんの門下だったことを知る人も知らない人も
落語家ダンカンの姿を見られる貴重な時間だった。

林家しん平『三題噺』
サングラスに革ジャンで登場した師匠は、2題多めの五題噺を披露。
時代を切り取る噺になった。

トークコーナー『炎上トーク』
自由度が高く、炎上しつつもしっかりMCの三遊亭はらしょうが進める。
ちなみにはらしょうさんは、開演前、ロビーでウエルカム落語を披露。
開演前のロビーで爆笑が連発!

<仲入り>
神田松之丞『トメ』
初めて講談を聴くお客様も多かったようだが、さすが当代きっての若手講談師。
場内は笑い声が大波小波、渦まで巻いていた。

三遊亭円丈『悲しみは埼玉に向けて』
マクラでは、リクエストブックを手に、お客様から希望のページを聞き、
「このページのシャレは一番つまらないです」と言いつつ、笑いに導いていく。
本ネタの『悲しみは埼玉に向けて』もストーリーを聴かせ、はまる部分で爆笑させる。
30代で実験落語をスタートさせ、パイオニアであった円丈師匠の真骨頂を見せた。

トータル3時間に及ぶ落語会となりました。
炎上していたという感想を聞き、看板に偽りなし!と胸を張りつつ、
早速、第2弾も決定!
『実験落語neo〜シブヤ炎上ふたたび〜』
8月16日(火)19:00開演
<出演>
三遊亭円丈
柳家小ゑん
柳家喬太郎
立川吉笑
桂三度

ウエルカム落語:三遊亭はらしょう

詳しくは、こちらのページで↓
実験落語neo〜シブヤ炎上ふたたび〜
今日から予約受付開始です。
一般発売は7月9日、チケットぴあにて。
皆様のお越しをお待ちしております!!
  • 2016.06.21 Tuesday
  • 13:56


Recent News

Archive

News Search

Twitter